内科サイトマップ
 

現在の位置 内科トップページ塩分についておかずの塩分

おかずの塩分

おかずやおかずの材料に含まれる塩分を
月替わりで展示しています。

冷凍えだ豆10さや(40g)・・・塩分0.4g

大豆には期待できないビタミンCやカロテンも豊富ですが
ついつい食べ過ぎてしまう枝豆。
写真のとおり、10さやで1食に摂る塩分の4分の1近くになってしまいます。
冷凍えだ豆10さやに含まれる0.4gの塩の写真

冷凍からあげ1個(24g)・・・塩分0.4g

お弁当のおかずの冷凍食品は、種類に関係なく1個0.4g前後のものが多く
冷凍食品を5個使うと、1食の塩分2gに達してしまうことになります。
みなさん、お弁当に冷凍食品を何個使っていますか?
冷凍からあげ1個に含まれる0.4gの塩の写真

冷凍きんぴらごぼう1個(18g)・・・塩分0.4g

これも1個で塩分0.4gです。
冷凍きんぴらごぼう1個に含まれる0.4gの塩の写真

梅干し1個(10g)・・・塩分2.0g

最近は調味梅干しなど減塩のものも多くあります。
例えば味梅、昆布梅、かつお梅などは塩分1.2g〜1.7g、
はちみつ梅は塩分1.0g〜1.5gのものが多いようです。
このように最も減塩タイプの梅干しでも、
1個で1食の2分の1以上の塩分を摂ることになります。
梅干し1個に含まれる2.0gの塩の写真

うす切りハム2枚(20g)・・・塩分0.5g

そのまま食べてもおいしい手軽さが魅力です。
酸化防止のため、原料の豚肉にはないビタミンCが添加されています。
ベーコンほどはありませんが、やはり塩分量が多いので
使用量に注意して下さい。
うす切りハム2枚に含まれる0.5gの塩の写真

三角チーズ1個(20g)・・・塩分0.5g

チーズはタンパク質、カルシウム、ビタミンAなど牛乳より多く含みます。
牛乳より消化がよく、製造過程で乳糖の大半が分解されるため
牛乳を飲むとお腹が痛くなる方も安心して食べられます。
しかし塩分や脂質も多いので、食べ過ぎないように・・・。
三角チーズ1個に含まれる0.5gの塩の写真

かまぼこ厚切1切れ(20g)・・・塩分0.5g

ちくわ、カニかまなどのねりものも、かまぼこと同じくらいの塩分を含みます。
ちくわ1本丸かじりなどはもってのほか。
おかずの添えに少量使うなど、上手く利用して下さい。
かまぼこ厚切1切れに含まれる0.5gの塩の写真

ウインナー1本(20g)・・・塩分0.4g

ウインナーは気軽に調理できるため、朝食やお弁当などによく使われます。
しかし2本で1食の2分の1の塩分を摂ることになります。
量に注意しましょう。
ウインナー1本に含まれる0.4gの塩の写真

水煮ツナ缶1缶(80g)・・・塩分0.8g

ツナ缶は油漬、油入り水煮、水煮と、調味液によって区別されます。
エネルギーは油漬は水煮の3倍ですが、
塩分は油漬も水煮も大差はありません。
油入り水煮は他の2倍の塩分が含まれています。
水煮ツナ缶1缶に含まれる0.8gの塩の写真


このページの先頭へ       「塩分について」に戻る     内科のトップページへ

武智ひ尿器科・内科トップページへ

 
武智ひ尿器科内科
〒791-3141
 愛媛県伊予郡松前町恵久美711
電話 089-960-3555 Fax 089-960-3556