内科サイトマップ

《肥満の食事療法》

@ごはんは1食茶碗軽く1杯まで
例)1食のごはんを今まで食べていた量より50g減らすと、-80kcal
(おかずなど、他の条件はそのままです)

1日だと -240kcal

1ヶ月で1kgやせる計算になります。
A間食・・・基本的に間食はしないほうがいいでしょう。どうしてもがまんできないときは果物に。
菓子類ジュース類は控えましょう。80kcal内の果物、みかんなら小2個、バナナなら小1個、いちごなら小10個、りんごなら2分の1個、このうち1日にどれか1種類を朝か昼食のあとに食べましょう!
果物の1日量はこちら
B脂っこいものは控えよう・・・油は食品の中で一番ハイカロリーです。
煮物、焼き物、和え物、蒸し物などにしましょう。
およそのエネルギーはこちら
C魚・肉は普通に食べる
1食のうちに魚80g(切り身1切)か、脂身の少ない肉60g(手のひら1つ分くらい)のどちらかひとつは食べる!
卵1コと豆腐4分の1も、1日のうちのどこかで食べてね。
D野菜・きのこ・海藻 たくさん食べる!・・・1日350g食べて、空腹感を満たす。
食物繊維もとれ、便通を整え、コレステロール値を下げる働きがあります。
目安量は生の状態で毎食手のひら1杯分だよ!だけど、マヨネーズやドレッシングを使いすぎず薄味でね!
Eアルコール減らそう・・・エネルギーが高く、必要な栄養素はあまり入っていません。
血糖値や中性脂肪を上げやすい食品です。
ビール飲むより発泡酒・・・?
F運動する・・・食後30分〜1時間後に30分間程度歩く。
ハァハァとやや息が荒くなるくらいの速さで。
G食事量は、次の食事前に空腹感を感じるくらいの量にする


内科で診るこんな病気に戻る        内科のトップページへ

武智ひ尿器科・内科トップページへ